2011年02月17日

東大本番プレテスト

国語58(偏差値48)
数学65(偏差値65)
地理32(偏差値51)
世史38(偏差値56)
英語83(偏差値65)

合計276(偏差値61〜62) (足し算みすってたのでtwitterに書いたのより多少上下した)


国語が平均を割り込んだことは驚いたし反省材料でもあるが、英数が爆発していて地歴も仕上がってきたので
合計は非常に良い点数になった。判定は出されていないが仮に算出するなら文句なしにAだろう。

出願が終了してからの模試であることから、受験者層は底上げされる(秋の模試の文U志望者は1300人だったが本試受験者は1000人)ので大体偏差値56〜7ぐらいが合格平均だと思われる。
世界史は十分その水準に達している一方地理はもう少し足りない感じではあるが
秋の模試において痛感した「絶対的な理解と知識の不足」はなく、ミスした部分を確実におさえてまわれば十分合格平均とれていただろうから、焦りはない。こっから問題演習して詰めていくだけだ。

英語の採点は甘かったが、7,8点差し引いても合格平均点を上回れそうだし、
「英国社で合格平均とって、数学が20点でも受かるようにする」というのは大分現実的になってきた。
その数学にしたって問題のあたりがよければこれぐらい取れるレベルには基礎は固まっているので、アガって馬鹿みたいなミスを連発しなければ、受験者平均を上回るぐらいは安定してとれるのではないか。

総じて、奇跡にかけたりする必要はなく、なんとか五分五分以上で受かりそうな位置にまで来た気がする。
あとは最後の追い込みと、試験場でのあがき方できまるだろう。

秋以来東大模試の総合偏差値が56.2→57.2→59.6→61〜62(今回)と推移していることからも、確実に受験生としての実力はついた。部活の近畿大会でコケてしまった、その意味を考え、
今度は正しい振る舞いで締めくくる準備はできている。

最後の追い込みで世界史・地理をひたすらやりこんで、実力はついたが、自分がいかにこの2教科の理解に薄いか痛感させられた。
どうして帝国は目指されなくなり17世紀に主権国家体制が成立したのか、19世紀後半になってまた帝国主義が興隆したのかといった根本的な理解すらあやふやなまま、最近まで用語暗記に終始していた感がある。
それなりに完成させたつもりだった英語・数学でも同様の発見があった。
自分の見識を広めることも学習することの一つなのだから、そうしたやり方は反省しているし、「受験勉強」は、あと1年の時間が与えられてもまだまだ知る余地の多い分野なようにも思える。
それでも、俺は今年先に進みたいので、なんとしてでも合格してやるつもりだ。
posted by 熊りん at 11:50| Comment(2) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

ううん

別に後悔はないんだけど、前の記事がいつまでも一番上にあるのは何となくこっぱずかしい、
だから記事を書こうとしたけどこれといって書くこともあまりない。


一応明日は高3プレステージ。
過去問の感じでは、とれるものを取れば8割以上いけそうな感じ。
1月2月のころみたいな「何とかなるやろ俺A判やし」みたいな精神は拭い去れているので、
試験中はとにかく吟味しまくっていい点目指して頑張る。以上。
posted by 熊りん at 20:27| Comment(0) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

英語の勉強〜解釈へ。

国語がその地位を陥落したことで、いまの自分の得意教科は偏差値やら順位的には英語ということになる。
しかし今まで英語でやってきたことといえば、中学での文法理解+暗記暗記暗記暗記暗記
構文の理解なんかすっとばして、大受板のテンプレでよさげな文法・構文・単語の本を探して購入、単語カードやノートを使い
ひたすらつまらんことを続けてきた。
本当にこっぱずかしいんだが、最近まで関係代名詞と関係副詞の違いが感覚的にしかわからなかった。
俺はなんか理解を必要とする科目に対しては臆病というか、「ちゃんと理解できなかったらバカだよな俺」などとなぜか逃げたがるので、
楽な暗記は苦痛じゃなくて好きだったんだが。

数学でもそうだが、所詮高2の模試ではそれほど本質に遠いことやってても、やればある程度点になっている。
しかし書店で一定以上のレベルの入試問題を見てみると、それではやはり太刀打ちならないことに気づいた。
数学と同じで、本当の「基礎」が必要なんだなと。
英語の本のくせに「強調構文」やら「節とは」みたいな日本語での表記がぎっしりで嫌気がさした「ビジュアル英文解釈」をひっぱりだして読むと、
まさに俺がいま必要としている知識、その訓練が書かれていた。
去年は調子にのって買ってほぼノータッチ、気が向いたらなんとなくの意訳(笑)するだけだった参考書だが
必要となってきて初めてその価値の高さに気づかされた。

まだ単語・文法の一部の暗記すべき項目はかなり残っているが、片付き次第解釈の分野に踏み込んでいく。「英語を楽しむ」やら、「英語で思考能力を鍛える」
といったことをやる時期がいよいよ来たようだ。
今までの暗記漬けがまったく無意味だったわけでなく、遠回りですらないとも思う。
俺はこの方法で、いま必要なものに気づき、そしてそれに取り組む。いい時期のいい発見だった。
目標は、帰国子女や先行者をも捉えての学年1位である。
posted by 熊りん at 20:50| Comment(1) | 勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。