2010年09月13日

振り返ってみようか(2)教育!

(つづき)

さてそれ以来、俺は前述の先生の言葉を次のように解釈するようになった。
@「奴らですら出来ていないことを出来るようになり、その上で勉強もしてやる。奴らより2段上の人間になってやる」
A「中身が伴ってなくったって、外見で取り繕えば褒められるぐらいになるのか」
中学生の頃なんて相対的とかどうとかなくてコンプレックスと見栄の塊だから、とりあえず見渡す限りの人に差をつけたくて精一杯で、そのように決意めいていた。

こうも思った。これはごくごく最近でも考えているテーマだ。「どうして勉強をするやつだけが『勉強だけではだめ』と抑圧されるのか。ほかの一芸に秀でたやつはそれで充分、と賞賛されるのに。」つまりこの国の勉強への差別意識に多少辟易とした。
勉強ができる人/勉強をする人に対しては、自動的に他の責任も過大に押し付けられている気がする。
合宿にぼく分数のかけ算できないけどバイク好きで将来バイク屋になりたいですっていう友達がいて、俺もそいつはそれでいいと思うんんだけど、例えば俺とそいつとではミスをしたときの叱られ方が違う。「お前、勉強だけできてもいかんのだぞ」と必ず俺にはつく。みみっちいことだけどさ。

そりゃ、勉強もできて人間性にも優れる、全人教育的になるべきではある。もちろん俺はどちらも達成しようとしたい。一人分の人生という限られたチャンスの中で、他者に自信をもてるアイデンティティーを身につけるにはこの道を進むしかないと思ったから。
ただそのプレッシャーのかけられ方が、大人からのものも同年代からのものも他と比べて大きすぎる。
それが出来ない人だっているでしょう。勉強だけできる人もいる。望ましくはないけどある程度しょうがない。友達のバイク乗りが分数のかけ算できない程度にはしょうがない。そいつも褒めてやればいいのに。
俺は社会のそういうところが相対的じゃないと思う。


勉強のよくできる人があまり自信を持てない理由(つまり自虐風自慢を多くする・勉強してないアピールをする理由)は、より賢い人ほど自らの無知さに気づき、また社会問題等が簡単に断言できるほど単純でないことを知っていて自信をもった意見が出来ないから、という一般的な側面と、勉強できることがカッコイイに結びつかない風潮があるからだ。高校生クイズとかもっと評価されてもいい。
それは、勉強だけを別扱いにするそのような風潮が原因なわけだ。
教育の問題もあるのかもしれない。数々の評論でなされているように、今日のシステムに学校の教育の実情はあっていない。具体的には東大京大に行ったからといって出世が保証されてたりしない。
だからその「正しくなくなりつつあるルート」に忠実な者があまり評価されないのは当然なのかもしれないが、少なくとも己より学力の高い人間を見ている限り彼らには豊富な知恵があり、それは将来的に社会に生かされなくてはならないと思う。
当然ながら「勉強する側」にも問題はある。前回で述べたウチの学校のような態度(交流を諦めて殻に篭る)は差別を助長するし、去年高校生クイズ見てても思ったけれど、分かりやすい言葉を強いられるのはある意味賢い人の義務だ。難しい言葉ばかりを展開したら理解されないのはこれは諦めるべきで、そこに気づけてないと浮いてしまうのは宿命だ。

こんなに偉そうに言う俺は一握りの天才というほどの学力の持ち主でもないけど、「相対的に見て」それなりの進学校に通っているという生い立ちの事実と、他校との差異に振れた経験とでそういう結論を下せる。

今回はいつになく抽象的な部分もなるべく噛み砕いて本音でぶちまけてるから俺の器の小ささとかも見えるだろうけど、とりあえず核心に迫る。
俺はそう考えつつ、自身の生活態度がひどいから「お前が言うな」と自分に言ったりして悪戦苦闘しつつ過ごしてきて、そして最後の国体チームに参加した。
(またつづく。)
posted by 熊りん at 01:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。