2009年05月07日

解体英語構文(Z会出版)

【概要】
●「速単」の作者による構文の本。
●ハンドブックサイズ。「Itを含む構文」など項目で分けられている。例文は285×(1+2)個。
●まず例文の穴埋めがあって、その下に和訳や整序などの1行演習が2つ付いている。それが1ページにつき2項目。ページをめくると構文の説明がなされているという仕組み。
●別冊に例文が全て載っているので英作文用の例文暗記にも使える。


【感想】
難関大向け、みたいなコンセプトだけど模試や入試では当然問われるレベルの、文法事項がほとんどである。
でも授業では英作の教師がさも大変難解なもののように聞いてくるので、これやってれば即答できて爽快な気分が得られます。
もちろんそれだけじゃなくて、実用性が高いと思う。




【使用例】
●すいすい進むので、構文に時間かけて取り組もうという人はどんどんやっていけばいい。ただまあ1回だけで完璧に出来る人はいないと思うからやっぱり3周は最低限。

●毎日ちょこっとずつやるのでもおk。
以下、俺のやり方を記載

@例題を解けるか確認。1分考えても出なかったら次のページで構造をチェック。例題で問うている構文がわかったら演習も瞬殺する。

Aチェックが終わったとたんに演習をしてもしょうがないから次の項へいく。

Bだいたい@とAを5回繰り返してから、演習のやっていない部分を使ってちゃんと覚えられているか確認。

C1日に10個ぐらい進んでもたぶん1時間かからないので、そこらへんが目安。

D次の日に演習のほうをサッと流して記憶の定着の有無を調べる。

E100個ごとぐらいの間隔で、最初からの復習をハイスピードでしてみる。単語の勉強でも有効だが、構文は特に瞬発的にでてきたほうが楽しいから、速さ重視で復習する。

F行ったり来たりしながら進めていくので、1周しただけでも相当定着してるはず。もう2度ほど高速の復習すりゃあ問題なくなるんじゃないでしょうか。


さらに英作用に使う場合

G別冊を使って、日本語訳から英語に直す。1周目は例題の1から。

H2周目は適当に開いたところから英訳して、分からなかったときにしるしをつけておく。意味のとおる英訳ができても、構文を使えてなかったら敗北だと思うこと。
何気に難しい単語・熟語もちらほらとあるので覚えてしまえば両得です。



●文法がちゃんと出来てる人は、いきなりGからでも究極的には問題はない。俺もほぼ英作用に使ってる。でも文法あやふやなのに例文を書いてても能率が非常に悪い(実体験)から、「なんでこういう構文ができるのか」ということを一応理解した上で使ったほうがいい。




【対象】
●上にも書いたように、覚えていくべき必須かつ簡単な事項ばかりなので高1からでも始めるべき。高3になってから使うことはないと思う……。

●英語がめちゃんこ苦手だからとりあえず最低限のレベルにまで引き上げたい人なら、学年に関わらず推奨する。これ1冊だけでも全部やれば、
英作も長文和訳も語彙も文法もそれなりには行けると思う。あくまでそれなりだけど。サブの教材として使おう。


【関連する記事】
posted by 熊りん at 20:21| Comment(0) | 参考書レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。