2010年09月30日

公開

ところで、なんかヒロイックに興奮していますが。前の記事はmixiに貼り付けた。
どれだけの人が読んでくれるかは分からんが、本当の意味で知り合いに公開してみようと思ったのだ。
そもそも長いし読んでもらえるか分からないから反響はきっとないだろう。

ただ一つ、あるとするなら望むのは形式に囚われない意見だ。熊さん難しいこと書くねとか文章がへたくそとか、そういうのはどうだっていい。
どう思ったかを出来れば知りたい。このブログの読者はごく少数で、そして俺は多くの人に伝わる言葉を有していないからそうした機会は稀だ。
偏向する俺の部分を指摘してくれるのもありがたい。
何か相反する意見を貰うとそれだけで心臓がバクバクになる、本当に本当に甘えの深い人間だけど出来ればズケズケ言ってくれると嬉しい。
それはこれからも変わらん姿勢です。いつも読んでくれてる人は10人ぐらいしかいないだろうけど。
posted by 熊りん at 19:38| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(2)リアル・リアル・リアル 村上春樹を嫌いな理由。

前回の記事の捕捉というか続きというか。本当はこっちを先に書いたので、前回とかぶってる部分はいくつかある。
この記事特有の目的はひとつ。俺が、村上春樹を嫌いな理由を伝えること。


彼はガザ地区にイスラエル軍が攻め入り、多数の死者を出しているときにイスラエル主催の文学賞を受賞した。そしてわざわざイスラエルまで出向いて、こんなスピーチを行った。
卵と壁
「 考えた末に、僕は来ることに決めました。たいていの小説家と同じように、僕もまた、人から言われたのと正反対のことをするのが好きなんです。やれやれ、これは小説家としての性みたいなものですね。小説家というのは、自分の目で見て、自分の手で触れたものしか信じることができないんです。だから僕は、自分の目で見ることを選びました。黙っているよりも、ここへ来て話すことを選びました。」


誤解を除くために出来れば彼のスピーチ全文を読んでもらいたい。ただ俺がはっきり言える一つのことがある。
05.jpg
1231304515.jpg
こうして想像を絶する痛みとそれに対する悔しさと恨みの中で傷つきあるいは死んでいった人たちは圧倒的なリアルだ、ということだ。

村上春樹が、どれだけそれっぽいことを言おうと構わない。彼はしゃれていると思う。それについて、こうして、戦争から離れた人間達が好き勝手アカデミックに・低俗的に評してみるのも構わない。全然間違ったことをドヤ顔で語ってみるのも構わない。
ただし2008年のガザ紛争で死んでいった人たちはそれっぽいことでもなんでもなくて圧倒的なリアルだ。
洒落た言い回しでどうにもならない、ブンガクすることなんて出来ない痛みを彼らは味わった。

つづく続きを読む
posted by 熊りん at 19:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。