2010年09月14日

一日遅れになるけど



鬼束ちひろさんが暴行を受けて全治一ヶ月の重傷を負ったというニュース。
俺の理解している限りの彼女にとって、もう、本当に辛い出来事だったろうと思う。とても心配。
幾つかのタイムリーな事件と重なっていて、何か自分の中に意見が生まれそうだったけれど、
それでも併せて語るのは全ての方向の当時者に失礼だなと思いながらその情報を受け入れた。

(9・11で崩れ落ちる世界貿易センタービルの映像を見てすぐ私はこれから大いに誤解されていくであろう中東世界に思いを馳せた、
とかいう主旨の書き出しで始まる学者の評論があって(不明瞭、出典探しておく、何かの問題集の一部)、全体としては納得く論説だったが俺はその部分が許せなかった。
我々は周囲の情報をきちんと処理して結びつきを見出さなくてはならないけれど、誰かが傷を負った事件についてはまず直近の痛みを被った人を悼んだり悲しんだり心配するべきだと考えるほどには俺は直情的だ。傷つくというのは圧倒的なリアルで、尤もらしく考えた言葉を投げかけるのは全て浅くどや顔でなされる駄目なことだ。
これ以上言うとその学者と同じになるから止める。)

今は回復されているようで何より。少しずつ完全復活への道を歩んでいた彼女の心がまた振り出しに戻ってしまったならとてもとても、残念だ。

彼女の歌う様がとりわけ好きなのは、臨場感が自分と似ているからだと思う。限界ぎりぎりっていう時の気分と彼女の歌のサビがマッチして、それは他のポップ音楽では得られない感覚だ。だからバラードが好きなわけでもない。


posted by 熊りん at 20:53| Comment(0) | 鬼束ちひろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

閑話

ツイッターに呟くのを自主規制したからこうやってここでぼやくのも多くなるかも。


「決勝行けなかったゆえ」の膿をここ2日痛感する。
やりきれた達成感とでた成績の悔しさのギャップかもしれない。
自分のレースでは泣かなくて表彰台に登った友人の雄姿に号泣したのは、架空の同一視かもしれない。

この胸のきりきりする感じは、当分はストイックに学習するモチベーションになるだろう。
大学に入ってからは、また泳ぎたいと思う再起になるか他のほうへ向くか。

こうした、寂寥感も俺の原動力・エネルギーのひとつの形ではあるのだな。
posted by 熊りん at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。