2010年07月27日

舵を取る (0)序

基本的にこのブログはアクセス数が日に20にも満たないので、俺の記事は世界に向けて発信されているとは言えない。まず自分自身に向けたアウトプットとして、
それから数少ない知り合いへの触発になればと思って記事を書いている。


それが部活を引退する9月以降になるか受験が終わる3月以降になるかは分からないが、この形式は転換させるつもりだ。
多くの人に読んでもらえるようにもっと分かりやすく纏まった文章にしたり、世相に応じた題材で書いたり、意見の交換に重きを置いたりしたい。
具体的には、波長が合いそうなはてなダイアリーに進出するのもいいかもしれない。ネット上で見つけた尊敬できる相手、競り合える相手に「熊りん」としてぽんぽん意見していくのもいいだろう。


素直に白状すると、この形式が一番ストレスを発散できる。、頭に浮かんだことをそのまま書けて、後は文章として微修正しているだけなのが主だから。言いたいことを言える。
飾っていないからこそ、余裕のなさげな性格などは文章にも現れていると思う。そして、それもそれでいいとも、思う。
しかし大学に入っていった後は、もっと吟味し、もっと妥協をなくし、もっと分かりやすい形に乗り換えることもきっと大事だ。
今の形で通用する範囲は波長の凄く合う人までな気がするのだ。
合わないけれど納得させねばならない相手だっている。これからも増えていくだろう。


転換に先立って、では結局このブログは何だったのか、そしてブログで見えた自分とは何なのかを纏めておこう。
この余裕なさげな18歳が何者なのかというのを、最初に挙げた二つの理由で記事にして理解しなおさなければ、現状自分を覆っている問題点も掘り下げられないはずだ。
例えば俺は「●●が嫌いだ」という感情をモチベーションに記事を書くことが多い。何でもかんでも嫌っていてはそれこそ広く一般に受け入れられるのは余計に難しくなるに違いない。
そこで、じゃあ博愛主義に転向します、というのではなくて、とりあえず何で嫌いなものが多いのか説明できるようにしておこう、というのである。

間にその都度思いついたほかの考えを記事にしていくことを交えつつ、以下の3段階を経てこの試みを完成させようと思う。

(1)自分の成り立ちを理解し綴る。
(2)ブログが果たしてきた役割を思い返す
(3)それらを踏まえた、修正点を挙げる。


そういうわけで、つづく。

「船は動き出してしまった。今さら停めることはできない。ならばうまく舵を取るしかない。」
posted by 熊りん at 00:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。