2010年03月24日

学問的に考えることは大事だし、考えられる人と付き合っているほうが楽しいけれど。

伊集院光「年間1000食以上ラーメンを食べてる奴が作ってるラーメンのランキングみたいなのがあるけど、
あれは俺には参考にならない。だって、そんなに平気でラーメンばっかり食える奴と俺の味覚が合うわけねえもん」



なるほど。学問的であることが絶対ではないし、学問的でない人が多数の中「俺だけは免罪符もってるよ」っと振舞うのは間違ってそうだ。
万人(少なくとも、自分が接する人たちの大半という意味)に通じるように、難解なことも話せるようにするのが大事なのだろう。
凄く難しいけれど。
posted by 熊りん at 20:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

足りないとして、ではどうする?

「欧米諸国は本音と建て前の使い分けなど行わない。
小さいときから、論理立った対応に慣れているため、怒り、妬みの感情を制御する手法を習得している。
NOを言われても動じず、相手にも堂々とNOを言う。
この対応ができてこそ大人の社会へのパスポートを手に入れることができる。
反対に、日本ではできるだけNOを言わないように努力する。
日本人は自分の中にある「攻撃的な感情」の制御に慣れていない。
そのため、いったん出はじめると、止めようがなくなる。
そういう習性を無意識のうちに理解しているからこそ、建て前・本音の文化が形成されたのだろう。
お互いに甘えあうことができるという認識が存在するからこそ建て前・本音が成り立つのだ。
だが甘えの文化から発祥する建て前・本音の行動形態は、欧米から見れば幼児的ととられてしまう。」と。

「あるべき姿」は哲学者、「今ある姿」は歌詠みの考えることである。
自己の「あるべき姿」と「今ある姿」を比較すれば、YESもNOも言うことが出来る。
「今ある姿」のみでは、YESしか出ない。
現実を否定することはできないから、現実肯定主義となる。
どうにもならないのに虚勢を張っているのを「引かれ者の小唄」というが、これが日本人の立場である。
建て前も本音も現実構文の内容であるから、現実を変えることにはつながらない。
「あるべき姿」は未来構文の内容であり「今ある姿」は現実構文(現在構文)の内容である。
日本語には未来構文はないが、英語を話す民族で未来構文が使えなければ、その人はまだ子供である。


<お役所の掟>という本より引用

少し前の本だけど、「日本人はダメ」論にしてはすっきり理解できた。
ネット上でたまたま拾って読んだだけだけどかなり有為な情報だったといえよう。

感情的なことも交えて話を展開する。
日本人的なコミュニケーション能力の低さ、幼稚さはよく分かった。では分かった時点でどういう行動を採るべきか?
我々は幼少時に獲得し損ねた論理的思考を手に入れるため四苦八苦すべきなのか。
きっと、日本人が皆一斉にその努力に取り掛かっている時間とエネルギーを使って、理想化されている「欧米人」は他のことを獲得する。
(演繹的に、たとえば社交パーティ慣れしていくとか。)
国民単位で文化の後追いを行っても基本的に追いつけないと思う。

個人的に知識として仕入れる分にはいくらでも構わないし実践も必要。
情報が制限されているとどんどんとろくでもない方向にむかっていくし。
ただそれによって自分は「日本人」を脱出した気になって日本人はどうのこうのと上から足を引っ張る(つまり吊るかんじですね)のは無意味。
それに前に言ったように、「日本人離れした日本人」はよくよく見るとそんなにカッコよくない。

「見習う」は推奨されることであっても「同化」は不可能だ。
ではこの相対的な世界で、げに恐しい日本人であることがハンデになるという事態を回避するためにはどうすればいいのだろう?

「五分後の世界」という小説が示していた一つの答えは、固有性が失われない程度に文化を融合させること。
「自分の長所を、相手の土俵にあわせたものにカスタマイズする」というもの。では具体的に日本人固有のよさってなんなんだろう?
勤勉とか、いわゆる民度の高さとかの嘘っぱちさは最近暴かれつつある。
衣食足りてたから礼節を知っているだけで。
足の引っ張り合いとか嫉妬とか建前とか、どうしようどうしよう。

俺もこんな風に言いながら自分を典型的な日本人だと思ってるし上記の欠点をいっぱい満たしてる。その解決策として、じゃあ「外」のいいところ一杯見習えばいいのかって考えたときに同時に生じた疑念が
この記事の内容である。
でも日本人固有のよさってのは、民族主義とかに走らなくてもきっと存在するはず。自分が知らないし、知っている人もいないという状況がちとまずいんだ。

ここからは完全に独り言になるけど、いわゆる「典型的AB・B型」のステレオタイプが苦手だ。血液型関係あるのか分からんけど。
言葉が軽い。こちらの反応お構いなしだ。
大事な場面においては一言一言に意味があって、相手との承認(暗黙の了解や雰囲気も含む)を大切にしない人は苦手だ。
この手の人たちを「天才的」とか「日本人離れしている」と表現することがあるけどけっこうファックな風潮です。
血液型が本当に関係あるかは分からんけど。
posted by 熊りん at 21:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

3/11

合格発表から一夜あけて
前々からの約束していた東大受験生3人と会ってきた。
特にsourmilkさんとは足かけ二年の仲だし、俺のモチベーションであり続けた一人なので会うのがとっても楽しみだった。
こちらも東大を受けた友人を1人を連れてった。

都内のスタバで話したんだけど、プロジェクトマネジメントを部活や同人活動に導入してる話とか聞いて
みんなが凄く実用的で踏みこんだことを考えていることを知ったし、
漠然と感覚的にこれからの生活や将来のことを思い描くだけだった自分へ、ある種の気恥ずかしさも生まれた。

一年間頑張ってきた地理や世界史の知識・背景をはじめ、
泳いできて培ったことや、私フェスで責任者としてレベルアップしたこと
つまり自分が頑張って関わったものから得られた全てを
活きた形にしなきゃと思った。

妥協したり、考えたフリをする態度をとったらすぐバレるな、という感じ。
そう思わされる人は希少だったけれど、これからどんどん出会うのだろうか。

(その後駒場で授業料免除の申請をし、渋谷に戻ったのちに被災。)

東北では停電している等、様々な情報が入ってくるので非常に不安だ。
すでに100人ちかい死者が出ているそう。
posted by 熊りん at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。